[Edit]
[レビュー1998年10月23日に発表された 

カウボーイビバップ (全26話+総集編) Cowboy Bebop

止まらない"時"を惜しむ

しびれるほど満足した骨太のSFアニメ。
世界観が確立されているし、デザインも決まってる。エピソードはかっこよく、悲しく、コミカルで、楽しい。そして音楽の素晴らしさは、これまでのアニメの中でも飛び抜けている。

同じ状況がいつまでも続くと思っていたが、ゆるやかな変化があって、最終回を迎える。もっと長く彼らを見ていたかったのに、まさか別れの時が訪れるなんて。
しかしふり返れば、その前兆はずっと前から現れていた。時は止まっていなかった。だからこそ、輝いていたのか。

鑑賞後に、乾杯したくなるドラマだった。

Share

Next