レビュー  1999年03月06日  に発表された 

ウルトラマンM78劇場 LOVE & PEACE
Ultraman M78Theater LOVE & PEACE

3ツ星

こんな世界もいいかもね

ウルトラマンと怪獣、そして宇宙人たちが平和に暮らす世界を描いたアニメーション。最初は「なぜドミノ?」と思ったが、トラブルがあって、オチがあって、おもしろかった。ショートコントもよくできてる。
4頭身キャラはかわいい。それでいて、オリジナルエピソードを踏まえた演出があるのもニクイ。シーボーズのしかし怪獣の名前と個性を理解できる子どもが、どれほどいるんだろ? まぁ、すべてを理解する必要はないけど。それはともかく、ゼアスの赤い顔は目立つなぁ。広告効果が高いね。

SDキャラはあまり好きじゃなかったが、本作は気に入った。なんだろう? とてもメルヘンで、いい気持ちになれた。


 Googleで「ウルトラマンM78劇場 LOVE & PEACE」を検索する
 Wikipediaで「ウルトラマンM78劇場 LOVE & PEACE」を検索する
 IMDBで「Ultraman M78Theater LOVE & PEACE」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00005EDT6
思考回廊 レビュー
ウルトラマンM78劇場 LOVE & PEACE