[レビュー1994年04月16日に発表された 

劇場版 ブルースワット キック・オフ! ニュー・ヒーロー Blue SWAT The Movie Kick Off! New Hero

主人公は軍人
更新日:2017年07月27日(木) 10:23 [Edit]

ツカミは大事だね

斬新なスタイルから大いに期待した『ブルースワット』。しかし盛り上がりが弱かったため、途中で見なくなってしまった。劇場版は第1・2話を再編集したもの。2011年に鑑賞したが......やはり盛り上がりが弱い。ここでガツンと惹きつけてほしかった。特撮番組のツカミがいかに重要か、よくわかる。

エイリアンに対抗する秘密組織、ヒーロー性を廃した装備、片手マガジンチェンジなどの小技......。いろいろかっこいいけど、テンポが悪い。各キャラクターの人物像がよくわからず、シグの正体も示唆されない。ううーん。『ZO』を好演した土門廣さん、役柄と演技は悪くないが、今ひとつ冴えなかった。
しかし本作のプロットは、『仮面ライダー剣』や『仮面ライダーカブト』に受け継がれている。登場時期が早すぎたのかもしれない。

メタルヒーロー
宇宙刑事
80年代
90年代
2010年代
ほか

関連エントリー