[Edit]
[レビュー1983年12月30日に発表された 

うる星やつら オンリー・ユー

Urusei Yatsura 1: Only You

予定調和と言われようとも、安心して楽しめる娯楽作品の傑作!

押井守監督は本作が嫌いらしい。
作家性を抑え、ファンサービスに徹したTVシリーズの延長だと嘆いたらしい。
言われてみると、そうかもしれない。だがしかし、ここまできっちり娯楽作品をしている映画も少ないのではないか?

観客は、驚かされることを期待する。
しかし、激しく驚かされることは望まない。

本作は安心して観ていられる。わけがわからないキャラや展開はない。それでいて、驚きや興奮はあり、クレジットまで飽きさせることはない。うがった見方をすれば、TV版と同じ予定調和かもしれないが、これほどの水準で素直に楽しめる作品は珍しいと思う。

押井守監督は、作家性を抑えることでもスゴイ仕事ができた。
これはひとつの証明でもある。

Share

Next