レビュー  1994年03月21日  に発表された 

ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦
Ultra Seven - Operation: Solar Energy

3ツ星

30年ぶりに味わう宇宙への恐怖

ウルトラセブンの後日談というか、正統な続編(平成ウルトラセブン)とは知らなかったので、初見のインパクトは大きかった。タイアップ番組だから、やたら説明っぽいのは難点だが、それでも「彼ら」と再会できた喜びは大きい。墜落してきたセブンを見たときは、フルハシとともに胸がいっぱいになった。

意図的な演出と思うが、この30年の社会変化を無視して、あのころのままの世界観で再現されたのはうれしい。宇宙人の不可解な行動や、耳障りな奇声は、現代人の心胆を寒からしめる迫力があった。
演出センスも独特で、隊長になったフルハシが、エレキングといえばピット星人と即答するものの、弱点を思い出せないところは、奇妙なリアリティがあった。

しかしアンヌの扱いはちょっと残念。寿退社したのはいいが、物語への絡みが弱すぎる。子どもに「ダン」と名付けちゃうから、まぎらわしいし、ラストでセブンを「セブン」と呼ぶハメになる。子どもの名前を「ダンシチ」にしておけばよかったのに。
これなら顔を伏せて遠くから見守っている方が、ミステリアスでよかったかも。

おもしろかったとは言えないが、セブンの復活を祝いたい。

 Googleで「ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦」を検索する
 Wikipediaで「ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦」を検索する
 IMDBで「Ultra Seven - Operation: Solar Energy」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00005H093
思考回廊 レビュー
ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦