[Edit]
[レビュー1989年12月30日に発表された 

バットマン

Batman

どうにもバットマンの魅力がないなぁ

多くの論評にもあるように、ジョーカー(ジャック・ニコルソン)のワンマンショーだった。ブルース・ウェイン(マイケル・キートン)の演技がどうのというより、バットマンの苦悩や人間性の演出が足りなかった。単純に親を殺された怨みだけでバットマンを語るのは不完全すぎる。バットマンの狂気を描けば、ジョーカーに対抗できただろうに。この思いは『ダークナイト』で果たされる。

ヒロイン(キム・ベイシンガー)とのラブも安直すぎる。バットモービルはかっこよかった。ふつうのヒーロー映画としては及第点のはずが、ジョーカーとの対比によって、大きく減点せざるを得ない。ジョーカーも決して悪くないんだけど、初回からこれは反則だと思う。

DCコミック
バットマン バートン、シュマッカー作品
ノーラン三部作
関連作品
ゲーム
スーパーマン クリストファー・リーヴ主演
  • スーパーマン
  • II/冒険篇
  • III/電子の要塞
  • IV/最強の敵
映画
ほか 映画

Share

Next