[Edit]
[レビュー1990年04月06日に発表された 

NG騎士ラムネ&40 (全38話)

Knights of Ramune & 40

キャラクターがすべてを牽引していた

作画のひどい回も多かったが、ときどきよかった。ストーリーは大半がぼろぼろだが、ときどき笑えた。とりわけパロディ回は衝撃的。やりすぎは禁物だが、この程度なら問題ない。たぶん。

キャラクターやロボットのデザインはよかったが、世界観やネーミングはテキトー。ストーリーは陳腐で、なんらヒネリはないのだが、おもしろかった。キャラクターの魅力がすべてだった。ある状況に、各キャラがどう反応するかだけでエピソードが作られている。スタッフが反射神経だけで戦っているような作品だった。

聖なる三姉妹もよかったが、お気に入りはヘビメタコだね。

Share

Next