[Edit]
[レビュー2000年07月14日に発表された 

きかんしゃトーマス 魔法の線路

THOMAS and The Magic Railroad

調子に乗って、やりすぎちゃったね

はじめて見た「きかんしゃトーマス」。ミニチュアパートのクオリティは高く、CGと見間違うほど。感情表現を声と目の動きだけで表現するのもユニーク。これがトーマスの世界なのか? しかし人間の世界を混ぜたのは失敗だろう。画面の違和感もさることながら、ストーリーも支離滅裂。どうしてこうなったんだ。

Wikipediaで制作の背景などを読んだ。なるほど、これは新たな挑戦の失敗例だったのね。私はよくないところからスタートしちゃったようだ。ふだんのトーマスも見てみたい。

Share