[Edit]
[レビュー1984年07月07日に発表された 

SF新世紀 レンズマン

Lensman

導入はよかったが...

キムがレンズを受け継ぎ、使命を帯びる導入部は最高。ファンタジー冒険小説のような興奮があった。こういうの大好き。いま、気づいたけど、『スター・ウォーズ』をモチーフにしてるのかな。
しかし中盤以降はだれる。申し訳ないが、クライマックスは勝敗の帰趨に興味を失っていた。

原作小説は読んでないが、長大なストーリーであることは知ってるし、2時間枠のアニメ映画にして、さらに技術的に拙いCG映像を活用する制約があっては、おもしろさを追求するのは難しかったかもしれない。

原作から大きく逸脱してしまうが、レンズに特別なパワーがあったら、ヒロイックなストーリーになったかもしれない。レンズがあまりに地味すぎる。まぁ、そこまで変えるならオリジナルタイトルでもいいか。
有名なSF小説の看板を借りて、CG映画の実験をした。そのことの意義は大きかったと思う。

Share

Next