[Edit]
[レビュー1992年10月08日に発表された 

NIGHT HEAD (TV全21話)

NIGHT HEAD

超能力を重荷として描いた意欲作

奇妙な出来事のエピソードが、まさか独立したシリーズになるとは。直人(豊川悦司)と直也(武田真治)はハマリ役だし、一度聞いたら忘れられない音楽も素晴らしい。

超能力をマイナスとして描いたところが新しい。超能力で事件を解決できたことなど、ほとんどない。ただ傷つくばかりの兄弟。その雰囲気がたまらない。
ドラマそのものは低予算で、かなりチープ。また後半は話が広大になりすぎてちょっとアレだったけど、全体的にはおもしろかった。

あれから15年が経過したけど、『変革』は訪れただろうか?

Share

Next