[レビュー2000年10月23日に発表された 

鉄甲機ミカヅキ (全6話) Ironclad Machine Mikazuki

ロボット:自律型 @雨宮慶太
更新日:2013年06月28日(金) 23:04 [Edit]

アニメに媚びるな

アニメっぽい要素をふんだん盛り込んだ特撮番組。『エヴァンゲリオン』や『ベターマン』からの引用が目立つ。鉄甲機のデザインや、ひもを引っ張って変身する演出なんかは好きだけど、ちぐはぐな印象をぬぐえない。

ブリキのおもちゃのような月光機を出しておきながら、AITの司令室は仮想空間になっている。予算や入札といったリアリティを出しておきながら、口の悪い女子高生社長を乱入させる。主人公は子どもなのに、物語の主軸は高校にある。鉄甲機のどつきあいが見たいのに、変身ヒーローバトルを繰り返す。ちぐはぐだ。

アニメの要素を取り込んだのではなく、アニメファンに媚びているような感じ。(こーゆーの、お好きなんでしょ?)って言われているようで、げんなりした。6話しかないのだから、思い切った作品を見たかった。

雨宮慶太
牙狼
ゼイラム
特撮・実写
アニメ
妄想

関連エントリー