[Edit]
[レビュー1981年03月23日に発表された 

ニューヨーク1997

Escape from New York

これがB級映画なら、それは絶賛の称号だ

犯罪増加率が400%とか、マンハッタン島全体が刑務所とか、冷静に考えるとおかしな設定なのに、映画を見てるときはすっかり魅了されていた。映画のリアリティってのは不思議なもんだ。
そして、スネーク・プリスケンがかっこいい。ヒーローかと思いきや、強くないし、ドジだし、頭も悪い。見てくれもむさ苦しい。そんな男が、ただひたすら抵抗する。なにか信念があるわけじゃなくて、抵抗のための抵抗。ハッキリ言えば幼稚なんだけど、この狂った世界ではたまらなく際立つ。これほど世界観にマッチした主人公もいない。

大きな感動があるわけじゃないが、これほど楽しませてくれる映画もないね。

Share

Next