レビュー  1989年12月31日  に発表された 

プロジェクトA子 4 完結篇
Project A-Ko 4: Final

2ツ星

原点回帰はいいけれど

脇役にしては目立ちすぎるあゆみ先生が、ついにストーリー中核に乱入。しかし展開がおそくて、集中力がつづかない。早くあゆみ先生を出してくれぇ~と思っていたら、予想を裏切る肩すかし。そりゃないよ。ポスターを見て期待した気持ちをどうしてくれるんだよ!

ふたたび登場したケイくんは、情緒障害のロリコンであることが判明。そのせいか、C子、A子、B子、あゆみ先生のすべてに捨てられる。なんのために出てきたんだ? ともあれこれで『3』で逸れた路線は修復されたわけだ。よかったような、どうでもいいような。

わざわざ「完結編」と銘打つほど、なにかが区切られたわけじゃない。どうせ最後だからと、冒険した形跡もない。これじゃ完結しちゃっても仕方ないか。

 Googleで「プロジェクトA子 4 完結篇」を検索する
 Wikipediaで「プロジェクトA子 4 完結篇」を検索する
 IMDBで「Project A-Ko 4: Final」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00005MYA9
思考回廊 レビュー
プロジェクトA子 4 完結篇