レビュー  1986年10月06日  に発表された 

オズの魔法使い (全52話)
The Wonderful Wizard of Oz

3ツ星

淡々とアニメ化

なんとなく見ていたテレビアニメ。刺激的なことは一切なく、淡々と日々が流れて、不意に終わった。私は原作を読んでないが、おそらく忠実だったのではなかろうか。1年全52話で、原作の1,2,3,6巻がアニメ化されたそうだが、区切りは明瞭にしてほしかった。なにを、どこまで作るという構成なく、制作していたのかもしれない。

ドロシーは決して美少女ではないが、なにげない仕草が愛らしかった。ガーターベルトが妙に生々しい。島本須美の声も合ってるような合ってないような、不思議な魅力があった。
思えば声優陣もベテラン揃いだった。チップがオズマ姫になったとき、野沢雅子の声に戸惑った。すでに野沢雅子の声に、女の子のイメージが残っていなかった。

これほどのんびりしたアニメは、もう作れないかもしれない。また作ってほしいわけでもないけど。

ゆっくり文庫

2014年に私が翻案した「オズの魔法使い」もどうぞ。

 Googleで「オズの魔法使い 」を検索する
 Wikipediaで「オズの魔法使い 」を検索する
 IMDBで「The Wonderful Wizard of Oz」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00005MZAC
思考回廊 レビュー
オズの魔法使い (全52話)