レビュー  1990年11月09日  に発表された 

女バトルコップ
LADY BATTLE COP

3ツ星

もうちょい魂を込めてよ

『ロボコップ』(1987)の女版。雨宮慶太がデザインしたバトルスーツは素晴らしいが、ストーリーはぐだぐだ。もうちょい練り込んでほしかった。

演出もよろしくない。入浴シーンがあるのはいいが、改造手術の影響を見せるべきだった。ボディを磨くだけでも女らしさが表現できただろう。ヘルメットのイヤリングも言及されてないし、もったいない。決め技がミサイルってのも粗い。細身のボディを活かした高速戦闘か、スラッシュ系にすべき。特撮は細かい演出で成り立っているので、手を抜いてほしくない。

終わり方も唐突。続編を作る気だったのだろうか。しかし彼女の復讐は終わったから、これ以上は殺戮になる。戦うマシーンになっても正義を貫くほどの動機が、彼女にはない。このへんも弱い。

ビジュアルはよかったが、本当にそれだけの作品だった。


 Googleで「女バトルコップ」を検索する
 Wikipediaで「女バトルコップ」を検索する
 IMDBで「LADY BATTLE COP」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00005N2HQ
思考回廊 レビュー
女バトルコップ