レビュー  1984年11月01日  に発表された 

マイドク いかにしてマイケルはドクター・ハウエルと改造人間軍団に頭蓋骨病院で戦いを挑んだか
Death Warmed Up

2ツ星

見なくていい

ニュージーランドのスプラッター・ムービー。上映当時、私は13歳だが、映画の存在を知ったのは87年の予告編コンクールだった。ぶっ飛んだタイトルと、まったくストーリーが想像できない予告編は、めちゃくちゃインパクトがあった。「カルト映画」という言葉も、このあたりで学んだと思う。しかし当時の私に、正体不明の映画に費やすお金はなかった。

んで2017年に鑑賞したんだが、まぁ、ひどいね。本当の本当にひどい。「わけがわからない」という言葉が、褒め言葉に聞こえるほどだ。これがカルト映画? だとしたらカルト映画は、ゴミと同義だ。

内容については語らない。語れない。言えることは、ただひとつ。

あなたは見なくていい。

 Googleで「マイドク いかにしてマイケルはドクター・ハウエルと改造人間軍団に頭蓋骨病院で戦いを挑んだか」を検索する
 Wikipediaで「マイドク いかにしてマイケルはドクター・ハウエルと改造人間軍団に頭蓋骨病院で戦いを挑んだか」を検索する
 IMDBで「Death Warmed Up」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00005N77W
思考回廊 レビュー
マイドク いかにしてマイケルはドクター・ハウエルと改造人間軍団に頭蓋骨病院で戦いを挑んだか