[Edit]
[レビュー1980年09月08日に発表された 

宇宙の7人

Battle Beyond the Stars

SF(宇宙戦争)なら、なんでもいい時代だった

いま見てもなんの感動もないが、当時は宇宙空間での戦闘があればそれだけで売れる時代だった。『七人の侍』ベースにしたストーリーは破天荒だが、どうでもいい。集まった7人の戦士の素性もどうでもいい。とにかく戦闘シーンを待ちわびて、興奮して、それで終了した映画だった。

唯一覚えているのは、戦闘が大好きな女戦士(エクスミン)かな。敵に囲まれて、納得ずくで死んでいった。べつに感動はしなかったが、ちょっと意外だった。

Share

Next