[Edit]
[レビュー1998年08月01日に発表された 

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 特別編 Mobile Suit Gundam Wing: Endless Waltz Special Edition

ここに極まれり

OVAを再編集して劇場版を作ると、ダイジェストのようなものなりがちだが、本作はちがう。OVAよりカットが増えて、展開もわかりやすくなっている。むしろ、OVAがアーリーリリースだったと気付かされる。
ただし、ウィングガンダムゼロカスタムが登場するシーンはOVAの方がかっこいい。エピソードの区切りをうまく使っていたからね。

あらためて見直すと、戦争と平和の解釈に首をかしげる部分がないわけじゃない。ドロシーが大衆を扇動するシーンは無茶苦茶だが、そこを問うても仕方ない。そもそも「完全平和思想」があいまいだったからね。むしろ観念的な問題を端的に、かっこよく表現したのは素晴らしい。欲を言えば、トレーズの言葉を挿入してほしかった。

OVA全3話は、迷走気味だったテレビシリーズに1本の筋を通した。劇場版は、そのOVAをさらに焼き直している。とても贅沢な作品と言えるだろう。


Share

Next