[Edit]
[レビュー1985年01月01日に発表された 

うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ

Urusei Yatsura 3: Remember My Love

美少女が氾濫しはじめた時代のアニメ映画

この映画が上映されたころ、私たちはアニメブームの渦中にあった。より具体的に言えば、美少女グッズが氾濫しはじめたころだった。美少女キャラを描いた下敷き、カンペン、ノート、カセットレーベル……。うる星やつらは美少女キャラの宝庫だったから、さまざまな形で商品化されていた。

そういう背景を踏まえてみると、本作は前作、前々作に比べて美少女指数が高い。どのキャラも驚異的にかわいくなっている。そしてその分、ストーリーが弱くなってきたような気がする。

もちろんそれは、『2』のインパクトが強すぎただけで、本作がまるで駄目なわけじゃない。ただどうしても、絵に頼りすぎている印象を拭い去れない。ストーリーの骨子は悪くないのに、いまいち盛り上がれなかったためかもしれない。

Share

Next