[Edit]
[レビュー1987年03月14日に発表された 

ドラえもん(08) のび太と竜の騎士

Doraemon Movie - Nobita and the Dragon Rider

作り込んであるけど、ちぐはぐな展開

地底人だけでなく、地底社会まで細かく描かれている。こうしたところに説得力を持たせるのは、さすが藤子F先生だ。しかし『海底鬼岩城(1983)』と差別化させるためか、中盤以降の展開は無理がある。非科学的な行動を、メンタリティの違いで納得するわけにはいかない。悪人がいない物語は素晴らしいけどね。ただ竜の騎士には、もうちょい活躍の場がほしかった。

「スネ夫~ いないなら、いないって言え~」
というジャイアンのセリフが痛快だった。


Share

Next