[Edit]
[レビュー1992年05月01日に発表された 

インターセプター

Interceptor

最新鋭ステルス戦闘機は、マクガフィンでしたか……

熱血パイロットがいて、美女がいて、卑劣なテロリストがいて、それなりのアクションがあって、まぁ、悪い点もとくにないんだけど、ぱっとしないね。物語のキモになると思われたステルス戦闘機が、さっぱり活躍しなかったせいだろう。

テロリストたちは、ステルス戦闘機を盗んでなにをしたかったのか?
テストパイロットであればこそのアドバンテージはあったのか?
冒頭で指摘されたステルス戦闘機の異常は、気の迷いだったのか?

とどのつまり、運んでいたものが爆弾であっても、乗り合わせたのが武術をマスターしたコックでもよかったわけだ。『ブロークン・アロー』も似たような映画だけど、あちらは盗んだものを使っているので、まだマシか? いや、同じだな。

Share

Next