[Edit]
[レビュー1986年12月30日に発表された 

魔法のスター マジカルエミ 蝉時雨

Magical Star Magical Emi - Semishigure - / Droning in Chorus of Cicadas

魔法も変身もなく、特別な事件も起こらない

髪を切ったり、花火をするなど、なにもない日常が淡々と描かれていく。ドラマとしては退屈きわまりないが、TVシリーズを見終えた者には鮮烈な印象を残す。むしろ、騒々しかったTVシリーズの方が単調に思えるほどだ。なにもない日常は、これほど驚きと変化に満ちていたのか。遠くから聞こえてくる蝉時雨。ふたたび同じ夏は訪れない。

こんなアニメを見せられちゃったら、魔法少女は卒業するしかない。テレビの電源を切って、外を歩いてみるか……。

そんな気持ちにさせる作品だった。

Share

Next