レビュー  2002年05月22日  に発表された 

イノセント / ウルトラセブン誕生35周年"EVOLUTION"5部作 (4/5)
ULTRASEVEN EVOLUTION EPISODE:4 Innocent

3ツ星

ここに来て、新たなプロットが!?

EPISODE:4で、「植物生命体」というプロットが追加される。EPISODE:3の「新人類」はどうなった? そしてサトミ隊員は? 各エピソードの根底にあった基盤が揺らいだような気がする。それは私がEPISODE:1から見てしまったせいだろうか? 3-4セットでは違和感があるが、4-5セットは見事につながっている。
奇妙なのはパンドンが種子を蒔いたこと。うがった見方をすれば、セブンを復活させるためにパンドンが登場し、そこに役目が与えられたようだ。"EVOLUTION"5部作は、もともとセブンなしで企画されていたらしいから、このあたりに歪みがあるのかもしれない。

しかし、おもしろかった。
エンディングで少女を撃ったシマ隊員が追求される。シラガネ隊長は地球を守る「責任」によって免罪しようとするが、分析の結果、少女の無垢が証明されてしまう。
なんてこった、正義と悪の構図が逆転している。ウルトラ警備隊は、根拠とすべき正義を失ってしまった。なにが正しいのか? この星を継ぐのは誰だ?


 Googleで「イノセント / ウルトラセブン誕生35周年"EVOLUTION"5部作 」を検索する
 Wikipediaで「イノセント / ウルトラセブン誕生35周年"EVOLUTION"5部作 」を検索する
 IMDBで「ULTRASEVEN EVOLUTION EPISODE:4 Innocent」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B000065EGH
思考回廊 レビュー
イノセント / ウルトラセブン誕生35周年"EVOLUTION"5部作 (4/5)