[Edit]
[レビュー1994年12月03日に発表された 

麻雀ステーション MAZIN ~麻神~ (PS)

Mahjong Station MAZIN

「うお−! この勝利をゼウス様にー!」

プレイステーション黎明期、友人宅でプレイして、衝撃を受けた。と言っても私は麻雀を知らないので、友人のプレイを見ていただけだが、それで十分だった。

ポリゴンのキャラクターたちが、ポリゴンの雀卓を囲み、ポリゴンの牌をつかんで、切っていく。視点切り替えも可能。なんという、3Dの無駄遣い。その発想はなかった。臨場感はずば抜けているが、いちいちオーバーアクションするので、テンポは悪い。おもしろいのは一瞬で、すぐ飽きる。ストーリー的な奥行きもなく、ただの麻雀ゲームであることに打ちのめされる。

ゲームとしては最低だが、ネタとしては一級。買って見せてくれた友人に深く感謝したい。

Share