レビュー  2001年03月15日  に発表された 

ボクと魔王 (PS2)
Okage: Shadow King [2001-03-15]

3ツ星

人形劇みたいな雰囲気は好きなのだが……

キャラクターのデザインや個性がユニークでおもしろい。「分類」がすべてに優先するという世界観も哲学的で好き。なかなかセンスがいい。
しかし、だらけたRPG要素がいいところを台無しにしている。戦闘でちまちま経験値を稼ぐのは面倒だし、物語を進めるためのイベント消化もかったるい。エンカウンターもアイテムも多すぎ。うがーっ!

いっそRPG要素を削って、アドベンチャーゲームにした方がよかったのではないだろうか?
今後の進化に期待したいところだが、シナリオライターの人が亡くなってしまったらしい。うーん、惜しい。

 Googleで「ボクと魔王 」を検索する
 Wikipediaで「ボクと魔王 」を検索する
 IMDBで「Okage: Shadow King [2001-03-15]」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00006AD9O
思考回廊 レビュー
ボクと魔王 (PS2)