[Edit]
[レビュー1996年07月26日に発表された 

刻命館 (PS)

Tecmo's Deception: Invitation to Darkness

しっかりファンタジー

あらすじ

ゼメキア王国の第一王子は実弟ユリアスの奸計によって国王殺しの濡れ衣を着せられる。王子は火刑に処されたが、悪魔(アスタルテ)と契約することで窮地を脱した。
刻命館に誘われた王子は、先代の主を殺害して新たな主となり、館のトラップを駆使して、自分を陥れたものたちに復讐していく。そのたび刻命館に封印された魔神は力を蓄え、王子の心は闇に染まっていく。

刻命館シリーズの原点。続編をプレイ済みだったため、主人公が男であることに驚いた。それだけ「女性の戦場進出」が進んだと言うことか。グラフィックは見劣りするが、ゲームの基本は完成している。のちのシリーズに継承されなかった「人間の捕獲」「モンスター合成」「館の拡張システム」も新鮮。まぁ、継承されなくて正解だけど。

ストーリーはわかりやすい。愛するフィアナ姫が魔物になったり、使い魔アスタルテが黒幕だったりと、意外性もある。やたら女性美が強調されないのもうれしい。『影牢II』のストーリーは『刻命館』と『影牢』を掛け合わせたものとわかった。リアルタイムでプレイしなかったことが悔やまれる。

テクモ
零シリーズ
妄想リメイク
刻命館シリーズ
ほか

Share

Next