主人公が謎を追わんでどうする?

神名綾人が淡泊すぎる。世界にも、まわりの人にも、自分自身にも興味を示さず、ぼんやり流され、アリキタリの反応を示すだけ。ただでさえ難解な物語が、いっそう遠のいてしまった。そのくせモテモテだから、始末に負えない。

雰囲気はいいのだが、消化不良。そして『エヴァ』色が強い。へたに謎で引っ張らず、ネタを明かした上で物語を転がしてほしかった。

それはそうと、神名麻弥の声が印象的だった。橋本一子さんは声優じゃなくて、音楽家だったのね。彼女の声に出会えたことが、本作最大の収穫だった。

Share

Next