[Edit]
[レビュー1998年12月10日に発表された 

踊る大捜査線 THE MOVIE

Bayside Shakedown: The Movie

織田裕二がかっこよすぎて、シラけてしまうよ

よくまとまっていると思う。導入から解決まで、飽きさせることなく楽しませてくれる。その構成力は本当に素晴らしい。
問題は1つ。織田裕二をかっこよく描きすぎている。私は特撮ヒーローが好きなのだが、このかっこよさは共感できない。わざとらしいというか、ウソっぽいというか。やり過ぎだよ。

青島刑事ではなく、どうしても織田裕二に見えてしまう。
そのため、どうしても映画に集中できない。
これはもう、仕方がないことなのだろうか?

Share