[Edit]
[レビュー1991年03月21日に発表された 

鎧伝サムライトルーパー MESSAGE (全5話)

Ronin Warriors: Message

究極のフィーリングアニメ

よくわからないけど、魂をわしづかみにされた傑作シリーズ。ストーリーを追おうとしても無駄だ。一種の芸術作品なので、わかる人だけ観ればいい。まずはタイトルを並べてみる。

  1. 解かっていた結末 ... 天空のトウマ。強制的に...
  2. 知らされた未来 ... 水滸のシン。泣きながら...
  3. 砕かれた自信 ... 金剛のシュウ。勇ましく...
  4. さまよえる心 ... 光輪のセイジ。みずからの意思で...
  5. 訪れた真実 ... 烈火のリョウ。着せてもらう...

しびれる。本シリーズではメンバーの個性がいかんなく発揮されている。たとえば第2話で(消失したトウマ以外の)メンバーが家に帰る方法も、タクシー(セイジ)、電車(シュウ)、バイク(シン)、徒歩(リョウ)と異なる徹底ぶりだ。
第4話のセイジがいい。迷いがないので、すずなぎもこっそり引き下がっている。争うまでもない。こうしてみると、無駄な抵抗をしたトウマはまるっきり馬鹿だ。まぁ、トウマはそういうキャラだけど。

ラストの「異議申す!」まで意味深に見えるから、困ってしまう。本作でサムライトルーパーも完結。すごいアニメだった。

鎧伝サムライトルーパー

Share

Next