レビュー  2002年10月11日  に発表された 

ビロウ
Below

2ツ星

一人称で描いてほしかった

なにが起こっているのかわからない状況が恐怖を生むとはいえ、わからないことが多すぎる。艦長代理のブライス大尉、看護婦のクレア、オデル少尉……。誰の視点で、事件を追えばいいのか。主役(=探偵役)を明瞭にすれば、もっと楽しめたと思う。

終盤、「敵」の正体がわかるものの、それまでの怪事件すべてが解明されるわけではなく、今ひとつ釈然としない。
なにが人為的で、なにが偶然だったのか?
撃沈したUボート、撃沈された病院船、不吉な女、イギリス人男性、ドイツ人捕虜、艦長とクアーズ中尉の死、モールス信号、高まる水素濃度。
ピースを組み替えると、ちがった絵が出てくるような気がするな。

 Googleで「ビロウ」を検索する
 Wikipediaで「ビロウ」を検索する
 IMDBで「Below」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0000AKIFL
思考回廊 レビュー
ビロウ