[レビュー1997年11月29日に発表された 

タオの月 Moon Over Tao

ファンタジー 地球外生命 忍者 時代劇 @雨宮慶太
更新日:2013年08月04日(日) 23:40 [Edit]

気持ちはわかる

美少女SF時代劇。やりたいことはわかるが、脚本がよろしくない。時間もないのだから、もっとシンプルに整理してほしかった。
脱ぐときに大量の水があふれる宇宙服はよかった。3人の宇宙人(マリエン/アビラ/クズト)を森山祐子が演じわける試みもいい。よかったのはそのくらい。マカラガのデザイン、能力、見せ方もぱっとしない。少女れんげに特殊能力を与えるか、変身させるべきだろう。

『TRICK』(2000)でブレイクする前の阿部寛が出演している。『大帝の剣』(2007)に比べると、まだ堅さがとれてない感じ。当初の着想どおり、『ゼイラム3』にすべきだったね。

雨宮慶太
牙狼
ゼイラム
特撮・実写
アニメ
妄想

関連エントリー