[Edit]
[レビュー2001年04月04日に発表された 

The Soul Taker ~魂狩~ (全13話)

The SoulTaker

センスか、ノイズか

友だちに勧められてなければ、途中で投げ出していたかもしれない。映像だけでなく、設定も、ストーリーも、デザインも、主題歌も、なにもかも尖っている。尖った世界に、桃井はるこの声が絡みつく。わけがわからない。しかしSF的な世界観が見えると、ぐっとおもしろくなった。こんな隠し球があったとは。
とりわけ素晴らしいのは、状況を理解した主人公が選択を迫られるところ。宇宙人である妹を殺すべきか? これまでの取捨選択が京介に重くのしかかる。シローがテーマを強調する。引きこまれてしまった。

振り返ると、多種多様な妹をからめたり、変身する必要はなかった。もっと整理すればわかりやすくなったと思うが、それじゃ不可解な魅力も失われてしまうか。

Share

Next