レビュー  1980年09月15日  に発表された 

将軍 SHOGUN (全8話)
SHOGUN

3ツ星

ANJIN

17世紀、江戸時代初期の日本に漂着したイギリス人航海士の数奇な運命を描いた海外ドラマ。実在の人物ウィリアム・アダムズ(三浦按針)をモデルにしている。多少の誇張はあるものの、日本の歴史や風俗を正しく考証している。

とはいえ、日本公開時の私は10歳で、世界史も日本史も知らなかった。だから古代日本の情景は、主人公と同じくらいカルチャーショックがあった。ただ時代劇よりもリアルに感じられた。強く印象に残っているのは風呂。日本人は風呂が好きなのだ。

いま見たら、だいぶ印象が変わるだろう。リメイクしてほしい作品の1つである。あるいは、逆の立場でジョン万次郎の物語に興味が向く。

 Googleで「将軍 SHOGUN 」を検索する
 Wikipediaで「将軍 SHOGUN 」を検索する
 IMDBで「SHOGUN」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0001BDJT2
思考回廊 レビュー
将軍 SHOGUN (全8話)