レビュー  2004年05月20日  に発表された 

ウルトラマン (PS2)
Ultraman (PlayStation2)

3ツ星

SFC版に未練が残る

1991年のSFC版をグレードアップしたもの。グラフィックや音響は格段に向上している。3Dモデルで再現されたウルトラマンや怪獣の造形、質感、動きは素晴らしい。ズシン、ズシーンと地響きがして、土煙があがる。ビートル発進時に機体がゆれる。コックピットから怪獣を見下ろすアングル。細かな演出が光る。いいね。

しかし......物足りない。SFC版よりステージが1つ多いが、ブルトンやメフィラス星人といった変わり種が減ったのは残念だ。映像の迫力はむしろオリジナルを越えているのに、チープだったSFC版の方が不気味で、「らしい」と思えた。

格闘ゲームだが、ウルトラマンの世界観を追体験することに比重が置かれている。演出面はよいが、ストーリー性はSFC版より省かれてしまった。ウルトラマンの魅力はたしかに怪獣バトルなんだけど、もうちょいSFドラマに光を当ててほしかったかな。それだと子どもに喜ばれないか? 難しいところだ。


 Googleで「ウルトラマン 」を検索する
 Wikipediaで「ウルトラマン 」を検索する
 IMDBで「Ultraman 」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0001TXR2I
思考回廊 レビュー
ウルトラマン (PS2)