レビュー  1974年07月25日  に発表された 

劇場版 イナズマンF
Inazuman Flash The Movie

4ツ星

ハードSFだった

あらすじ

渡五郎(イナズマン:ミュータント)と荒井誠(インターポール捜査官:サイボーグ)は、ガイゼル総統率いるデスパー軍団を倒すため、今日も旅をつづけている。
ふたりは助けを求めるユキという女戦士と出会う。ユキの話によると、デスパー軍団は5万人もの人間を誘拐し、デスパーシティという地下都市に閉じ込めているという。ユキもサイボーグ手術を受け、デスパー軍団の幹部になっていたが、人々を開放するためにやむをえなかったと言う。
荒井はダイオードVS3という部品が損傷したことで、あと24時間しか生きられなかったが、デスパーシティには妻子がいるかもしれない。荒井は残された時間を妻子のために使うことにした。
デスパーシティに潜入した3人は、反乱分子と合流する。ユキの弟が荒井の家族を知っているというので、35街区に行ってみると、ボイラーデスパーに待ちぶせに遭う。五郎たちは逃げ延びたが、数名の仲間が殺された。
ユキは、弟が密告者であることを見抜き、ライフルで射殺する。弟は外の世界に行きたいだけだったが、それは許されない望みだった。五郎はユキを責めるが、そんなことをしている場合ではない。ユキは、手に入れたダイオードVS3を荒井にわたし、ガイゼル総統のもとへ案内する。そこでウデスパー兄弟を道連れに自爆してしまった。そのとき荒井は、ユキが自分のダイオードVS3を託してくれたことに気づく。五郎はイナズマンに変身して戦うが、強い攻撃を受けて昏倒する。
目が覚めるとふたりは海辺に倒れていた。デスパーシティの出来事は夢ではない。いつか必ずデスパー軍団を倒すと、五郎は固く誓うのだった。

(おわり)

第12話『幻影都市デスパー・シティ』のブローアップ版。『イナズマンF』はこれが初見になるが、子ども向けとは思えないハードな展開にびっくりした。とにかく濃密で、30分の上映が2時間くらいに感じられた。見終えたあとも、ほかに方法がないか考えてしまう。すごいよ。

人工太陽が照らす地下都市デスパーシティ。15歳になるとサイボーグ手術を強制され、反抗的な人間は催眠光線で従順にさせられる。怖ろしい。荒井は24時間のいのちと聞いても動揺せず、サイボーグだから24時間も生きられると笑っていた。渋すぎる。ユキもいちいち心情を説明せず、黙って行動し、黙って散っていった。渋すぎる。もうイナズマンなんかいらない。『ウルトラセブン』と同じだ。脚本は上原正三さん。あぁ、やっぱり。

『イナズマンF』はテレビシリーズを見なおしてみるべきかもしれない。

 Googleで「劇場版 イナズマンF」を検索する
 Wikipediaで「劇場版 イナズマンF」を検索する
 IMDBで「Inazuman Flash The Movie」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0001W8HXO
思考回廊 レビュー
劇場版 イナズマンF