[Edit]
[レビュー1994年12月31日に発表された 

スーパー戦隊ワールド

Super Sentai World

大集合で大混戦!

『仮面ライダーワールド』と同時上映のスーパー戦隊ヒーロー共闘ムービー。地球戦隊ファイブマン(1990)、鳥人戦隊ジェットマン(1991)、恐竜戦隊ジュウレンジャー(1992)、五星戦隊ダイレンジャー(1993)、忍者戦隊カクレンジャー(1994)の25人が勢揃いする。ドラゴンレンジャーやキバレンジャーのようなオプション戦士は含まないようだ。
「なぜファイブマンから?」と思ったが、高速戦隊ターボレンジャー(1989)の第1話で、バトルフィーバーJ(1979)から超獣戦隊ライブマン(1988)が駆けつけ、ヒーロー58人が勢揃いしていたから、あれ以降に追加されたスーパー戦隊ということになる。こうなると、スパイダーマンに分断された秘密戦隊ゴレンジャー(1975)とジャッカー電撃隊(1977)も召還したいが、それにはまだ時間がかかるようだ。

閑話休題。
最新のカクレンジャーはオリジナルキャストが声を当てているが、それ以外はほとんど別人。顔出し出演は1人もいない。ストーリーもなく、いきなり戦いがはじまるスピーディ展開。ヒーローが25人もいると、誰が誰やら。大混戦すぎる。
終盤は巨大ロボット戦になるが、5体もいると画面が狭い。アクション向きのロボット(着ぐるみ)じゃないから、豪快というか、重々しいというか。それでも転んだり、剣を振り回したりで、もう大変! いやはや、すごい映画だった。

スーパー戦隊はフォーマットが似てるから、集まると目がまわる。しかしまぁ、参上の決めポーズを連続してみるのは痛快だ。数年おきのお祭りムービーとして、おもしろい試みだと思う。

スーパー戦隊
戦隊名 作品
1975 秘密戦隊ゴレンジャー  
1977 ジャッカー電撃隊
1979 バトルフィーバーJ
1980 電子戦隊デンジマン
1981 太陽戦隊サンバルカン
1982 大戦隊ゴーグルファイブ
1983 科学戦隊ダイナマン
1984 超電子バイオマン
1985 電撃戦隊チェンジマン
1986 超新星フラッシュマン
1987 光戦隊マスクマン
1988 超獣戦隊ライブマン  
1989 高速戦隊ターボレンジャー
1990 地球戦隊ファイブマン  
1991 鳥人戦隊ジェットマン
1992 恐竜戦隊ジュウレンジャー  
1993 五星戦隊ダイレンジャー
1994 忍者戦隊カクレンジャー
1995 超力戦隊オーレンジャー
1996 激走戦隊カーレンジャー
1997 電磁戦隊メガレンジャー
1998 星獣戦隊ギンガマン
1999 救急戦隊ゴーゴーファイブ
2000 未来戦隊タイムレンジャー
2001 百獣戦隊ガオレンジャー
2002 忍風戦隊ハリケンジャー
2003 爆竜戦隊アバレンジャー
2004 特捜戦隊デカレンジャー
2005 魔法戦隊マジレンジャー
2006 轟轟戦隊ボウケンジャー
2007 獣拳戦隊ゲキレンジャー
2008 炎神戦隊ゴーオンジャー
2009 侍戦隊シンケンジャー
202010 天装戦隊ゴセイジャー
2011 海賊戦隊ゴーカイジャー
2011 非公認戦隊アキバレンジャー
2012 特命戦隊ゴーバスターズ
2013 獣電戦隊キョウリュウジャー
2014 烈車戦隊トッキュウジャー
2015 手裏剣戦隊ニンニンジャー
2016 動物戦隊ジュウオウジャー
2017 宇宙戦隊キュウレンジャー
- 関連

Share

Next