[Edit]
[レビュー2004年06月25日に発表された 

イヴォルバー -EVOLVER- (全6話) EVOLVER

インディーズは王道を歩め

特撮のインディーズ作品は珍しいため、とりあえず高評価を与えたいところだが、我慢の限界を超えていた。演技、アフレコ、アクション、エロ要素、デザイン、設定、ストーリー、特撮効果、テンポ、音楽、音響。すべて駄目だった。

主人公たちが変身能力を身につけた経緯がない。戦う信念も、葛藤もない。どうやら長い戦い(テレビシリーズ?)が終わったあとの後日談というか、外伝的な話のようだが、これを見て「本編も見てみたい」と思うことはないだろう。へたに奇をてらわず、王道を歩んでほしかった。最近は奇をてらったヒーローが多いから、王道が受けると思うけどな。

特撮表現はチープだ。予算や技術がないなら、ぴかっと光って変身でよかったのに。20年前の特撮はみんなそうだったし、それで楽しめた。もっとも不利な分野で勝負を挑むのは愚かしい。

Share

Next