レビュー  1982年11月01日  に発表された 

ディグダグ (SORD M5)
DIGDAG

2ツ星

簡単な未来予測がなぜできない?

SORD M5に付属していたカセットゲーム。本来ならパソコンのように使うべきM5だが、マイコン雑誌に書いてあるプログラムを入力し、テープレコーダーに録音セーブするのは面倒だったし、ファミコンを持ってなかったので、おのずと本作で遊ぶ機会が多かった。

スタート直前まで岩を落として敵を潰そうと考えているのに、スタートすると頭が真っ白になって、むやみやたらと掘って、接近戦(ふくらませて倒す)をやっちゃうんだよね。最初はそれでもいいが、レベルが上がると詰まってしまう。詰まったところをやり直すより、もっと前からやり直さないと技術が向上しない。よくできてる。BGMも単純ながら雰囲気を盛り上げる。

何度も遊んだけど、ゲームクリアはしていない。よく覚えてないけど、序盤を繰り返すだけだったようだ。

 Googleで「ディグダグ 」を検索する
 Wikipediaで「ディグダグ 」を検索する
 IMDBで「DIGDAG」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00022FI3K
思考回廊 レビュー
ディグダグ (SORD M5)