レビュー  1998年10月25日  に発表された 

青の6号 (全4話)
Blue Submarine No.6

3ツ星

戦争の「興奮」と、反戦の「哲学」を混ぜないでくれ

かっこいい潜水艦バトルを期待していたのだが、いちいち反戦ムードに水を差されて、萎えてしまった。そもそも特殊な近未来で、特殊な潜水艦が、特殊な異種族と戦っているのだ。状況把握ができず、シーンに没入しづらい。しかも速水もゾーンダイクも声が聞き取りにくいため、ますますストレスが溜まる。うがー!

ただの潜水艦バトルでいいんだよ。どうせ4話しかないんだから、高尚なテーマなんか入れてほしくない。最後の殴り合いも長すぎる。

演出的には駄目だが、キャラやメカデザインはよかった。ショートカット娘のぴっちりしたコスチュームや、妙に艶やかな異種族の女性には、だいぶ目を奪われた。しかし十分に描かれたとは言えず、やはり欲求不満が残る。
いろんな意味で惜しい作品だった。

 Googleで「青の6号 」を検索する
 Wikipediaで「青の6号 」を検索する
 IMDBで「Blue Submarine No.6」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B00026CJ3S
思考回廊 レビュー
青の6号 (全4話)