レビュー  2004年07月08日  に発表された 

バイオハザード アウトブレイク (PS2)
Biohazard/Resident Evil Outbreak

4ツ星

バイオハザードの新しい楽しみ方を大いに評価したい

最初からウイルス感染していて、発病(ゾンビ化)するまでに脱出するというコンセプトにしびれる。ポーズがないリアルタイム進行もいい。アイテム選択中にゾンビに襲われてびっくりしたよ。ネットワークプレイで死亡するとゾンビになって、一定時間、それまでの仲間を襲えたりするのも楽しかった。こういう進化もあったのかと感心させられる。

しかしルートが限られていたり、(ネットワークにおける)協力プレイが少ないのは惜しい。シナリオの長さ、本数にも言いたいことがある。このあたりはFILE2に期待か。

大きな問題が1つ。私はベスト版を買っているのだが、それだと時間が経ちすぎて、ネットプレイの旬に出遅れてしまうのだ。もうFILE2が出ているから、FILE1のサーバ上には人がいない。早く買ってネットを楽しむか、それともシングルプレイに集中するか? これまでになかったジレンマに悩まされている。


 Googleで「バイオハザード アウトブレイク 」を検索する
 Wikipediaで「バイオハザード アウトブレイク 」を検索する
 IMDBで「Biohazard/Resident Evil Outbreak」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0002CX8KA
思考回廊 レビュー
バイオハザード アウトブレイク (PS2)