[Edit]
[レビュー1998年12月30日に発表された 

X-ファイル ザ・ムービー

The X Files:The Movie

思えばここが、『Xファイル』の折り返し地点だった

予告編が素晴らしく、TVシリーズにはないスケールや、ついに進展するモルダーとスカリーの関係、そして「すべての謎は映画館で明かされる」というキャッチに打ちのめされた。
しかし実際は、なにも変わらない。謎は謎のまま放置され、モルダーとスカリーの関係も進展しない。つづきはTVシリーズで? いくらなんでも、そりゃないだろ。映画だよ、映画。ここで決着させなくて、どーすんのさ? 引っ張るにも、ホドってもんがあるよ。

映画の脚本や演出は悪くないが、コンセプトというか、シリーズ全体における位置づけが悪かった。ここで決着していれば、『Xファイル』は超がつく傑作だったのにね。

Share

Next