[Edit]
[レビュー1989年07月22日に発表された 

ファンシイダンス

Fancy Dance

重いところがまったくない映画だった

2007年になって初めて見たけど、バブル期の浮ついたムードがすごい。
イヤイヤ修行する主人公も、それを指導するお寺の古参たちも、どちらも我欲におぼれ確たるものがない。だってコメディだものと言われればそれまでだが、あまりにも軽薄なので笑えなかった。弟の郁生のいやらしさは目をそむけんばかりだよ。

お寺ってのは、こんな安っぽいものなのかな?
数百年の歴史を振り返れば、性根の曲がった入門者も数多くいたはずだし、それに対処する方法も洗練されていそうなものだが……。
この映画は前提として、お寺というシステムの価値を認めていない。それがなんだか腑に落ちなかった。

法戦式でキスする坊さんを、カッコイイとは思えない。

Share

Next