レビュー  1995年04月22日  に発表された 

北斗の拳 (実写映画)
Fist of the North Star

2ツ星

「おまえは《北斗の拳》だ!」

2016年に鑑賞。もちろん映画の存在は知っていたが、期待もなかったのでスルーしていた。1995年と言えば、テレビアニメと漫画連載が終了してから7年後。ブームは去っていたが、『ストリートファイター』(1994)の翌年だから、日本のコンテンツが世界に広まることへの興奮はあった。

ストーリーはサザンクロス編のみを切り抜いており、シンがラスボス。ラオウとの対決まで描いた『劇場版 北斗の拳』(1986)よりシンプルにまとめられるはずだが、テンポは悪いし、盛り上がらないし、時系列は飛ぶし、状況説明はないしで、ひどいものだった。

拳激は、人間に実現可能なレベルになっている。ぽかぽか殴る百烈拳は、別の意味でショッキング。人体破壊もあるにはあるが、膨張のみで爆裂なし。悪辣な野盗どもカンフーでのしていく爽快感は欠片もない。
そもそもシンが格闘家を拳銃で倒しちゃうから、格闘技のありがたみもない。当然、北斗神拳が最強である理由もない。いやはや。

ケンシロウはシンをやっつけて、ユリア(鷲尾いさ子)と再会して、ハッピーエンド。旅を続ける理由もなくなった。

もうね、ヒーローをわかってない映画だった。

 Googleで「北斗の拳 」を検索する
 Wikipediaで「北斗の拳 」を検索する
 IMDBで「Fist of the North Star」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0002VL6BE
思考回廊 レビュー
北斗の拳 (実写映画)