レビュー  2004年03月13日  に発表された 

沈黙の標的
OUT FOR A KILL

2ツ星

大学教授だけど、元凄腕の大泥棒?

セガール映画もいろいろ見てきたせいか、なにを見たのかわからなくなった。「沈黙のなんとか」が多すぎる。タイトルを聞いてストーリーを思い出せるほど熱烈なファンにはなれそうにない。とはいえ、ストーリーを彷彿させる邦題を期待しているわけでもない。「あれ? 前にも見たっけ?」と思いながら同じ作品を見ちゃうのもまた、セガール映画の楽しみ方だろう。

もともとストーリー性の希薄なセガール映画だが、本作は輪をかけてひどい。支離滅裂だ。大学教授のくせに強いなと思ったら、次から次へと設定が増えていく。いろんな役に挑戦したいようにも見えないし、同一人物のシリーズものでいいのに。
アクションについて語るところはない。というか、全体的に語るところはない。いつものセガール映画、あるいはそれ以下だった。

 Googleで「沈黙の標的」を検索する
 Wikipediaで「沈黙の標的」を検索する
 IMDBで「OUT FOR A KILL」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0002YD90W
思考回廊 レビュー
沈黙の標的