[Edit]
[レビュー1980年02月02日に発表された 

電子戦隊デンジマン (全51話)

Denshi Sentai Denjiman

マネしたくなるヒーローだった

私にとって、スーパー戦隊シリーズの元祖はゴレンジャーでもバトルフィーバーJでもなく、デンジマンである。ここにすべてがある。デンジマンこそが、究極至高の戦隊ヒーローであると確信する。

こぶしを付き合わせて巨大化するデンジパンチ、足踏みして飛んでいくデンジジャンプは、子どもがマネしやすいアクションだった。子どもは見るだけじゃなく、マネして楽しいヒーローが好きなのだ。
当時の特撮は、ビデオ合成もCGもないから、体当たりアクションの連続。ゆえにマネできる余地があったんだね。

いま見ると、めちゃめちゃ強引なエピソードが多い。
食べると色覚を失うハンバーカー(バーガーではない)が出てくる第10話が強烈だった。ヘドラー将軍みずから小学生にハンバーカーを売り歩き、うっかりブルーが食べて、凶暴になってしまう展開は最高だった。
ヒーローはただカッコイイだけじゃなく、ベーダー一族もただ恐ろしいだけじゃない。妙にユーモラスで、それでいてコメディじゃない。絶妙のバランスだった。

そういえば、私はこの番組で「ヘドロ」という言葉を学んだ。ヘドロは恐ろしい汚染物質であるという認識は、環境問題を考えるキッカケとなった。そういう意味でも、素晴らしい作品だったと思う。

スーパー戦隊
戦隊名 作品
1975 秘密戦隊ゴレンジャー  
1977 ジャッカー電撃隊
1979 バトルフィーバーJ
1980 電子戦隊デンジマン
1981 太陽戦隊サンバルカン
1982 大戦隊ゴーグルファイブ
1983 科学戦隊ダイナマン
1984 超電子バイオマン
1985 電撃戦隊チェンジマン
1986 超新星フラッシュマン
1987 光戦隊マスクマン
1988 超獣戦隊ライブマン  
1989 高速戦隊ターボレンジャー
1990 地球戦隊ファイブマン  
1991 鳥人戦隊ジェットマン
1992 恐竜戦隊ジュウレンジャー  
1993 五星戦隊ダイレンジャー
1994 忍者戦隊カクレンジャー
1995 超力戦隊オーレンジャー
1996 激走戦隊カーレンジャー
1997 電磁戦隊メガレンジャー
1998 星獣戦隊ギンガマン
1999 救急戦隊ゴーゴーファイブ
2000 未来戦隊タイムレンジャー
2001 百獣戦隊ガオレンジャー
2002 忍風戦隊ハリケンジャー
2003 爆竜戦隊アバレンジャー
2004 特捜戦隊デカレンジャー
2005 魔法戦隊マジレンジャー
2006 轟轟戦隊ボウケンジャー
2007 獣拳戦隊ゲキレンジャー
2008 炎神戦隊ゴーオンジャー
2009 侍戦隊シンケンジャー
202010 天装戦隊ゴセイジャー
2011 海賊戦隊ゴーカイジャー
2011 非公認戦隊アキバレンジャー
2012 特命戦隊ゴーバスターズ
2013 獣電戦隊キョウリュウジャー
2014 烈車戦隊トッキュウジャー
2015 手裏剣戦隊ニンニンジャー
2016 動物戦隊ジュウオウジャー
2017 宇宙戦隊キュウレンジャー
- 関連

Share