電光超人グリッドマン (全39話) Lightning Superman Gridman

1993年 特撮 3ツ星 怪獣 電脳

あまりにも早すぎた

円谷プロダクション創立30周年記念作品。ウルトラマンの焼き直しだが、電脳空間「コンピューターワールド」を舞台にしているところが新しい。まだCG技術が貧弱だったから、電脳空間はすべて模型で表現されている。オープニング映像は圧巻。よく撮ったと思う。
魔王・カーンデジファーはプログラムにおけるウイルス的存在で、社会をどんどん蝕んでいく。グリッドマンはワクチンとなってこれを撃退する。主人公たちは電脳空間と現実世界の両面でグリッドマンを支援する。なかなか斬新な設定だ。

しかしおもしろかったのは最初だけ。ドラマパートがあまりにも弱すぎた。主人公たちは中学生なので、演技が上手じゃない。主人公ナオトも、敵の傀儡となるタケシも、どっちも親しまれる個性が確立できず、「うぜぇガキども」という印象をぬぐえなかった。
そんな両陣営が最終回で力を合わせるのだが、タケシは傲慢で馬鹿だし、ユカちゃんも女の魅力を行使できず、なんだかなぁーといった印象。

なんとも荒削りだったが、潜在的な魅力は評価したい。この作品は、いずれだれかが再構築して発表するだろう。

怪獣
東宝
ゴジラ:昭和
ゴジラ:平成
ゴジラ:ミレニアム
モスラ
フランケンシュタイン
東宝怪獣
大映
ガメラ:昭和版
ガメラ:平成三部作
ガメラ:新生版
大魔神
ほか
ウルトラシリーズ
松竹怪獣
怪獣:ほか
ゲーム・アニメ・CG映画
海外制作
海外制作

関連エントリー

1993年 特撮 3ツ星 怪獣 電脳
レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1

Ready Player One
2018年の外国映画 ★3

結局、リアル至上か。  停滞した未来社会で、人々はVR世界「OASIS」に熱狂していた。莫大な遺産と運営権をめぐって、若者たちと企業が激突する。VR世界ではハリウッドだけでなく、日 (...)

アサルト・ガールズ

アサルト・ガールズ

ASSAULT GIRLS
2009年の日本映画 ★4

30分なら傑作! 世界観、映像表現、キャラクター、武器などのデザイン、ストーリーに文句はない。だが、このネタで70分は長すぎる。無意味なシーンの連続は、訓練された押井守ファンでなけ (...)

モーレツ怪獣大決戦

モーレツ怪獣大決戦

Moretsu Kaijuu Daikessen
2005年の特撮 ★2

いいなぁ。 内容について語ることはない。ひどいもんだが、そもそもクオリティを求めちゃいないだろう。どんな連中が、どんな経緯で制作したか知らないが、まー、楽しそうだ。 やってみたいこ (...)

パシフィック・リム: アップライジング

パシフィック・リム: アップライジング

Pacific Rim: Uprising
2018年の外国映画 ★3

「怪獣の名前は私が勝手につけた!」 『パシフィック・リム』(2013)の続編。なんも知らずに見たので、まぁ、楽しめた。もともとストーリーやドラマは期待してなかったし、ロボットと怪獣 (...)

海底二万哩 / 海底2万マイル / 海底20000マイル

海底二万哩 / 海底2万マイル / 海底20000マイル

20,000 Leagues Under the Sea
1954年の外国映画 ★3

見ごたえがある。 CGはない。すべてセット? それにしては大きい。ミニチュアで合成? そんな機材がすでにあったのか。気がつけば映像に圧倒されている。古い映画なのに。 リベット打ちさ (...)

巨神兵東京に現わる

巨神兵東京に現わる

Giant God Warrior Appears in Tokyo
2012年の特撮 ★3

メイキングを作るための本編 庵野監督が特撮技術の衰退を惜しみ、その技巧を作品として残そうとした。その心意気や、よし。しかし出来上がった作品が、「CGならもっとできたのに」と思わせて (...)

ページ先頭へ