[Edit]
[レビュー1993年12月05日に発表された 

劇場版 美少女戦士セーラームーン R Sailor Moon R: The Movie : The Promise of the Rose

ぞわっとキタ!

セーラームーン劇場版第1弾。子ども向け映画だろうと軽い気持ちで見ていたが、クライマックスは不覚にも肌が粟立ってしまった。オープニングのメンバー紹介や、前半のふざけた日常が、クライマックスに大きな意味をもつ。まんまとしてやられた。

突っ込みどころ満載だが、あげつらう気はない。よく見たら、幾原邦彦監督じゃないか。なるほど。この劇場版があればこそ、このシリアスさがあればこそ、セーラームーンは長寿番組になれたのだろう。

Share

Next