[Edit]
[レビュー2004年05月03日に発表された 

ヴァン・ヘルシング

Van Helsing

ぜんぜん目新しいところがない

キャラもストーリーもありきたりで、胸に響くものがない。映像はめまぐるしく変化するものの、中盤から飽きてしまった。ちょっと期待ハズレだった。

それはそれとして、この映画の人間はよく飛ぶねぇ。
殴られて、吹っ飛んで、壁に当たって、すごい高さを落っこちて、むくっと起きあがる。この国の人間は、身体が柔らかいのかね。
吸血鬼映画として見るべき点はなかったが、びゅんびゅん人間が飛ぶさまはおもしろかった。

Share

Next