レビュー  2004年10月01日  に発表された 

魔法少女リリカルなのは (第1期・全13話)
Magical Girl Lyrical Nanoha

4ツ星

子ども向けではない、魔法少女

ド派手な近接魔法の応酬。小学生(9歳)とは思えないほど大人びたセリフ。ストーリーはありきたりなんだけど、その熱さに魂がふるえる。「変身ヒロインもの」と見せかけてじつは「熱血バトル魔法アクションアニメ」だった。すごい時代が来たもんだ。

なのはは魔法を使えることより、インテリジェントデバイスの英語を理解できることより、二度目の人生を歩んでいるような人徳に驚かされる。なんでもできる主人公は珍しくないが、ここまで深い洞察力と包容力を示したキャラクターもいなかった。恐ろしいほどだ。

ラストで示された「友だちになる方法」もしびれた。『innocent starter』は私のiPodライブラリでももっとも再生回数の多い曲になった。色物深夜アニメと思っていたけど、めっけもんでした。


 Googleで「魔法少女リリカルなのは 」を検索する
 Wikipediaで「魔法少女リリカルなのは 」を検索する
 IMDBで「Magical Girl Lyrical Nanoha」検索する

コメント (Facebook)

[ASIN] B0006M5Y9Y
思考回廊 レビュー
魔法少女リリカルなのは (第1期・全13話)