[Edit]
[レビュー2004年07月07日に発表された 

ギャラクシーエンジェルX (第4期・全26話)

Galaxy Angel X

わき役であることを個性にするとは!

新キャラ、烏丸ちとせが登場。その姿は店頭ポップなどで見知っていたが、こーゆー性格と位置づけだったのか(ゲーム本編は知らない)。エンジェル隊メンバーの関係はすでに完成しきっているので、今さら新キャラが入り込む余地はない。あの手この手でがんばっても、ことごとく失敗するちとせを見て、最初は物足りないと思ったものの、やがてその駄目っぷりを愛せるようになった。考えてみれば、ちとせが食い込もうとしていたのはチームではなく、ドラマである。つまり端役が、端役である宿命をネタにしているわけだ。なかなか珍しいキャラかもしれない。
お気に入りのエピソードは下記のとおり。

  • 01. 非凡平凡チョコボンボン ... ミントのいびりが本物すぎる。
  • 10. ラブ米 ... セーラー服の着こなしにも個性が。
  • 15. トラのうま煮 ... メンバー各位のトラウマが発覚。ヴァニラのトラウマは強烈。
  • 16. 今日風(株)ラ蒸し ... 荒唐無稽だが、妙にリアルなOLライフ。
  • 23. エンジェルなかまボコ ... 人形になったちとせ。キャラクターブームは恐ろしい。
  • 25. のぞみかなえたまごとじ ... 友達になるための遠回り。次の宇宙で会いましょう。
  • 26. オールオッケーロケ弁当 ... すべてはドラマだった。やっぱりヴァニラ、かわいいぜ。

ギャラクシーエンジェルをずっと見てきて、だいぶ声優さんが好きになってしまった。やばいぜ。


Share